トップ
ホーム » 話題ニュース » ニュース一覧 » 経審改正で新設項目、CPD・CCUSを評価

経審改正で新設項目、CPD・CCUSを評価

job_genba_kantoku


国土交通省は、経営事項審査の評価項目を4月1日に改正しました。
特に社会性などを評価するW点には、技術者・技能者の継続的な教育に努める企業を評価する項目「知識及び技術又は技能の向上に関する取り組み状況(W10)」が新設されました。
技術者のCPD(継続教育)単位数や、建設キャリアアップシステム(CCUS)でレベルアップした技能者数を、指定の計算式で点数化し加点評価されます。
改正事項
経営事項審査の主な改正事項 (令和3年4月1日改正) 
https://www.mlit.go.jp/tochi_fudousan_kensetsugyo/const/content/001397215.pdf



技術職員数(Z1)に係る改正
労働福祉の状況(W1)に係る改正
建設業の経理の状況(W5)に係る改正
知識及び技術又は技能の向上に関する建設工事に従事する者の取組の状況に係る審査項目(W10)の新設

国土交通省のホームページをご確認ください。
https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/machidukuri/tochi-kensetsugyo/kensetsu/keisin/483275.html




一般社団法人
日本造園組合連合会
(略称:造園連)

〒101-0052 
東京都千代田区神田小川町3-3-2
マツシタビル7階
地図情報

TEL:03-3293-7577
FAX:03-3293-7579
e-mail:jflc@sepia.ocn.ne.jp

20150402_1529_47_0827
 
経審改正で新設項目、CPD・CCUSを評価|一般社団法人日本造園組合連合会(略称:造園連)