このページのトップへ
ホーム » 話題ニュース » ニュース一覧 » 太田記念美術館 特別展『江戸園芸花尽し』 10月1日〜11月26日

太田記念美術館 特別展『江戸園芸花尽し』 10月1日〜11月26日

 幕末に来日した外国人にも賞賛された江戸園芸文化。この園芸文化を、庶民に愛された浮世絵から探る初めての試みである展示が東京・太田記念美術館で行われます。
 いにしえの人々の豊かな花文化を垣間見るだけでなく、伝世品として残る貴重な鉢も必見。身分を越えて花咲く文化を培った江戸時代に、浮世絵を通してタイムスリップしてみませんか。


江戸園芸花尽し
江戸園芸花尽し

 特別展「江戸園芸花尽し」

  会 期:【前期】2009年10月1日(木)〜25日(日) 【後期】11月1日(日)〜26日(木)
            ※前後期で展示替え 展示替え期間(10/26〜31)休館
  観覧料:一般 1,000円/大高生 700円/中小生 400円
            ※土・日・祝日は中小生無料、高校生半額
  問合先:太田記念美術館 東京都渋谷区神宮前1-10-10 電話03-5777-8600



【展覧会の概要(予定)】


  序章 花を着る
    機ナ襪蕕靴里覆の園芸
    供ド寛帙舁陝々掌佑硫
    掘ケ犒盜イのお殿様
    検タ裕ぅャラクター 植木売り
    后トにまつわる物語
    此ス掌佑凌¬敞の魅力
    察セ劼匹發燭舛留犒歟亮
    次ゲ屬販个旅掌佑猟
 ・・・花柄の着物に身を包む女性たち
 ・・・園芸に親しむ江戸っ子たち
 ・・・浮世絵に描かれたさまざまな園芸植物
 ・・・お殿様も愛好した珍しい植物
 ・・・歌舞伎の役柄として登場する植木売り
 ・・・謡曲「鉢の木」を題材にした浮世絵 
 ・・・幕末に制作された陶磁器の植木鉢
 ・・・子供向けに描かれたおもちゃ絵
 ・・・四季折々の花が咲く江戸の観光名所

一般社団法人
日本造園組合連合会
(略称:造園連)

〒101-0052 
東京都千代田区神田小川町3-3-2
マツシタビル7階
地図情報
TEL:03-3293-7577
FAX:03-3293-7579
e-mail:jflc@sepia.ocn.ne.jp
にわ丸