このページのトップへ
ホーム » 造園豆知識 » 造園工具辞典 » 植栽・土工・地ならし用工具

植栽・土工・地ならし用工具

スコップ・エンピ・鶴嘴・鋤簾・レーキ・たこ・地鏝・笄板



1.スコップ
 シャベル、ショベルとも呼ばれ、土砂を掘ったり、すくったりする道具である。庭の土面の掘り起こし(天地返し)、庭木の植え付けや移植のときなどには欠かせない道具である。用途に応じて以下のような種類がある。
剣スコ:先が尖っていて、主に穴を掘るのに使う。
角スコ:先が平らになっていて、土、砂利や石炭などをすくい運搬するのに用いられる。
練りスコ:コンクリートやモルタルなどを練り混ぜるときに使う。


*_*_*_*

2.ツルハシ
 堅い土面を掘り起こしたり、岩石を掘削する工具である。
 弦状に湾曲した鉄の両端を尖らせたものと、片方だけをとがらせたものがあり、そのとがった様子が鶴の嘴に似ることから、この名がある。いずれも、中央部に木製の柄が付いている。前者は「鶴」、後者は「鳶」または「ばち」という名でも呼ばれている。


*_*_*_*

3.エンピ
 スコップの一種であり、主に庭木の掘り取りに用いる。へら部分には反りがあり、先端はやや尖っている。柄はまっすぐで反りがない。刃先は研いで鋭利になっている。
 なお、エンピは、断根法と呼ばれる簡単な根回しを行なう際に使われる。
 これは根元周辺の地面をエンピで突き刺して、側根を切断することによって、そこから細根を多く発生させるものである。


*_*_*_*

4.こうがい板
 「かき板」あるいは「手板」とも呼ばれ、部分的な地ならし、低木類の植栽、石組、飛石、延段・敷石の施工、敷砂などを行なう際に、以下のような作業に使う台形の板片。
●土や砂を叩いたり、土粒をつぶしたり、均したりなどの仕上げ作業。
 特に景石や飛石の周囲の地際をきれいに仕上げることができる。
●景石や飛石の周囲の土を突き込んだり、ほじくったりする作業。
●施工物の簡単な位置を地面に描く。
など、さまざまな作業に使用できる。非常に幅広く使え、造園の仕事には欠かすことのできない基本的な道具である。
 なお、こうがい板は普通、手製でつくるものであり、そのつくり方は以下のような手順で行う。
…垢25〜30cm、幅10cm、厚さ1cmくらいの長方形の板片を用意する。
板片の片側の端を斜めに切り落とす。先端の角度は30〜45度ほどが適当。
斜めに切り落とした辺と、台形の長い方の辺を、斜めに削って刃のような状態にする。


*_*_*_*

5.ジョレン
 土や砂利やコンクリートなどを、掻き寄せたり、敷き均したりする用具で、長い柄の先に、鉄板製または竹編製の箕が取りつけられている。柄を両手で持ち、手前に引き寄せるようにして作業する。


*_*_*_*

6.レーキ
 短い鉄の刃(爪)を櫛状に並べて柄をつけた農器具である。一般に6本爪と12本爪がある。また竹製のものを熊手、柄の短いものを手熊という。
 庭の施工前の敷地の草掻きや整地のほか、芝張りや花壇づくりの際に元肥を施す作業、または小石やごみを掻き集めるのにも使う。


*_*_*_*

7.た こ
 人力で上下し、地面や盛り土、あるいは基礎に敷き詰めた割栗石(グリ)を突き固めるための道具。
 直径30〜50cm、長さ40〜60cmの樫などの堅い丸材に1mくらいの2〜4本ほどの引き手をしっかりと取り付けたもの。もっぱら手製で作られる。重さは20〜40圓冒蠹し、1〜3人くらいで引き手を持って作業する。1人で使うものを「小たこ」、2〜3人で使うものを「大たこ」ともいう。また、逆さにすると杭を打ち込む作業にも使える。これを逆だこという。
 ただし、昨今ではたこはあまり使われなくなり、代わってエンジン駆動のタンパーやランマーが主流となってきた。


*_*_*_*

8.地ごて
 こては、左官工事の主役であるが、この地ごては、地面を平らに均したり、庭木を植えつけ後や、石を据えつけた後、盛り上がった土の表面をおさえ整える作業などに用いる。地方によっては庭園工事、および土木工事に使われるこてである。


*_*_*_*


ホーム » 造園豆知識 » 造園工具辞典 » 植栽・土工・地ならし用工具
一般社団法人
日本造園組合連合会
(略称:造園連)

〒101-0052 
東京都千代田区神田小川町3-3-2
マツシタビル7階
地図情報
TEL:03-3293-7577
FAX:03-3293-7579
e-mail:jflc@sepia.ocn.ne.jp
にわ丸