このページのトップへ
ホーム » 造園連について » アカデミー会議

造園シンポジウム2016

 2016年度の造園シンポジウムは千葉県で行います。

テーマ
魅せられる庭・公園・まち並みづくり
〜故郷(ふるさと)の風景を守り育てる〜」


bg_natural_flower
造園に携わる方ならどなたでも参加いただけます。
造園CPD認定プログラム

 日 程 


 平成28年 9月17日(土)〜18日(日)

 場 所 


クロス・ウェーブ船橋
 電話 047−436−0111
     千葉県船橋市本町2−9−3


 講演者及び内容 



13:30〜13:40
13:40〜15:00


15:15〜16:00


16:100〜16:55


16:55〜17:00
17:00〜19:00
 


9:00〜10:30



10:40〜11:40




11:40〜12:30
12:30〜16:00
         



16:00〜16:30
【第1日目−9月17日(土)】
 開会式
 講演 峇尭阿鮓討峩間づくり 〜 遺跡の魅力とデザイン」
  遺跡デザイナー 衫鮖亡超計画研究所 秋山 邦雄 氏

 講演◆崋然環境の保全、自然と調和のとれた街づくり」
 
 NPO法人 ふくしま風景塾 理事長 訝臈勅鑄脹 仲田 茂司 氏

 講演「島原地方の庭園再整備による地域振興、街づくり」
 長崎県・覽榾楝け 造園連理事 宮本 秀利 氏

 事務連絡、初日終了
 夕食件交流会
     

【第2日目−9月18日(日)】
 特別講演「市川市の景観とクロマツの保全」
  建築家・A+A建築企画設計事務所 代表 高木 彬夫 氏
  (公財)市川市花と緑のまちづくり財団 田草川 信慈 氏

  パネルトーク「千葉県市川市の景観保全の取り組み」
   クロマツのある街並みと歴史・文化が薫るまち市川市の
   景観保全に携わっている方とのパネルトーク

 
 質疑応答・議長総括・昼食
 バスに乗車して現地視察に出発
  バスに乗車して現地視察に出発
視察場所
◎市川市北西部の「水と緑の回廊」周辺
◎その他
  JR市川駅にて解散


 参加費 


NiwaNaviImage
 申込み方法


9月9日(金)までに申込書をFAXまたは郵送して下さい。
(FAX 03−3293−7579)
参加費は、同日までに下記口座に納入してください。
なお、入金の確認で正式な参加申込みとさせて頂きますので、ご了承下さい。
当日は参加費の収受は行いません。
申込後の取り消しについては、資料などを送り、必要経費を差し引き後日返金。
(当日の欠席については、資料を送り、返金しません。)

◆振込先
 ・郵便振替 00130−0−27034 日本造園アカデミー会議
 ・銀行振込 口座名義:日本造園アカデミー会議
        三井住友銀行 神田支店 普通 7523776


アカデミー会議シリーズ講習「都市の植栽を考える」

「植栽」は、私たち造園業者の基本であり、樹木の生理・生態を熟知して方向を見定め、自然な風景に仕上げることが出来るのは造園業者の証(あかし)とも言えます。
 今回、日本造園アカデミー会議では、都会の人工地盤に植栽された既存樹木を検証し、植栽の基本を再確認する講習会を下記の通り開催することになりました。
 青年層などの若い方を中心に、多くの方に参加して下さいますようご案内申し上げます。


テーマ
都市の植栽を考える





 日 程 


 平成28年 3月 6日(日)13時
 


 場 所 


(1)座学:品川倉庫建物蝓。騎会議室 東京都品川区大崎3−6−17ニュー大崎ビル内
(2)視察:ThinkPark Forest 東京都品川区大崎2−1−1
       大手町の森  東京都千代田区大手町1−5−5


 講演者及び内容 


講 師:(1)平賀達也氏 螢薀鵐疋好院璽廖Ε廛薀溝緝充萃役(ThinkPark Forest 設計者)
      (2)富澤 貴氏 衂拌造園代表取締役 日本造園アカデミー会議運営委員



タイムスケジュール
12:30       受付(当日は会場まで直接お越し下さい)
13:00〜14:00 座学及び説明
14:00〜15:00 ThinkPark Forest 視察
15:00〜15:30 JR山手線乗車 東京駅へ
15:30〜16:30 大手町の森 視察
16:30       終了〜懇親会(希望者のみ




 参加費 


500円(当日集金/アカデミー会員は無料)

 申込み方法


2月22日(月)までにFAXまたはメールでお申し込み下さい。
        (書式自由)FAX:03-3293-7579 メール: a-iwama@jflc.or.jp


日本造園アカデミー会議

日本造園アカデミー会議とは
 造園業界には大学や専門教育機関などの「学界」、国土交通省や各地方自治体などの公園緑地に関する部局などの「官界」、生産・販売・施工を含めた「業界」の3分野が存在します。そして各分野とも日々研鑽と研究に努めているのですが、たとえすぐれた技術を開発したり、造園に関する深い知識を持っていてもお互いバラバラで独自に活動していては、造園業界全体のレベルアップにつながらず、何の意味もありません。
 日本造園アカデミー会議では、これら3分野を集結して造園に関するあらゆる情報の交換と研鑽を重ねることを目的に発足し、初代議長に林学博士の故・上原敬二先生をお迎えして昭和51年に産声をあげました。


どのようなことをやっているのですか

造園シンポジウムの開催
毎年8月下旬に開催する造園シンポジウムでは、業界・学界・官界から出席があります。 各年ごとに運営委員会検討されたテーマを設けて、そのテーマに沿った講師をお招きして討論を行ったり、日頃は参観出来ないような庭園を視察したりします。

◆機関誌の発行
 日本造園アカデミー会報を発行しています


日本造園アカデミー会議運営委員


役 職氏   名所   属
議 長 尼 博正 京都造形芸術大学教授
副議長西田 益温  元西日本短期大学教授
小沼 康子 (有)エルムランドスケープデザイン
内田  均 東京農業大学短期大学部教授
宇田川辰彦  造園連理事長,成和造園(株)
委 員小板橋二三男 元東京都立農業高校教諭
富澤  貴 (株)富沢造園
本田 逸男 (株)西条庭園
戸田 芳樹 (株)戸田芳樹風景計画
鈴木  誠 東京農業大学教授
高崎 康隆 高崎設計室(有)
赤坂  信 千葉大学園芸学部教授
鈴木 一志 東京都立農業高校教諭
山崎 誠子 日本大学短期大学部准教授,(有)GAヤマザキ
丸山  宏 名城大学農学部教授
池田 鐘司 (有)池田商店
藤倉 榮之 造園連 企画事業委員長,(株)柴崎農園
金子 実 造園連 企画事業副委員長,(有)金子造園
廣瀬 雄二 造園連 前青年部長,(株)植木センター広瀬


入会したいのですが
◆会員の種類
   特別会員−運営委員会で特に承認された方
   正会員−普通会員
   賛助会員−この会議の活動目的に賛同される業者・団体等
◆会員の資格
   造園に携わる方ならどなたでもかまいません。
◆申し込み
   所定の様式がありますのでメールで問い合わせて下さい。
   メールには氏名,連絡先住所,電話番号,FAX番号を明記してください。
◆年会費
   3,000円(入会金はありません)


いままでどんなテーマで開催しましたか
◆(抜粋) 造園教育とは何か、造園における設計表現技術、女性造園人、旅館ホテルの造園、寒冷地における植栽、古庭園の修景保存、茶庭の伝統技術、庭園と照明、水の意匠と技法、自然を活かす造園技術など



ホーム » 造園連について » アカデミー会議
一般社団法人
日本造園組合連合会
(略称:造園連)

〒101-0052 
東京都千代田区神田小川町3-3-2
マツシタビル7階
地図情報
TEL:03-3293-7577
FAX:03-3293-7579
e-mail:jflc@sepia.ocn.ne.jp
にわ丸