このページのトップへ
ホーム » 造園CPD制度 » 会員登録申し込みについて

会員登録申し込みについて

まず会員種別の確認を・・・


 造園CPD会員は、3種類に分類されています。年会費は通常4,000円必要ですが、造園CPD協議会の構成団体会員等は会費が減免されます。

 造園連の組合員事業所に所属される方は、造園連を通して申請することにより、会費が減免されるCPD会員-2(個人負担額2,500円/1年)として登録を行えます。また複数の団体へ加入されている方は、CPD会員-1のように、所属団体により個人負担額0円となる場合もありますので、下記で会員種別をご確認のうえ申請をしてださい。


〔CPD会員―1〕 (個人負担額:0円)
■ 次の団体の個人会員は、WEB上にて所定の方法で会員登録することで、会員(CPD会員−1)となることができます。

全国一級造園施工管理技士の会、東京農業大緑友会、都市緑化機構、日本公園緑地協会、日本造園学会、千葉大学園芸学部二葉会




〔CPD会員―2〕 (個人負担額:2,500円/年)  24年度年会費改定
■ 次の団体の会員企業等に属する人は、所属団体を通して入会申請後、WEB上にて所定の方法で会員登録することで、会員(CPD会員−2)となることができます。

日本造園組合連合会、海洋博覧会記念公園管理財団、公園財団、自然環境共生技術協会、都市緑化機構、日本植木協会、日本公園施設業協会、日本公園緑地協会、日本水景協会、日本造園建設業協会、日本造園修景協会、日本緑化センター、ランドスケープコンサルタンツ協会、横浜市造園協会


■ 協議会構成団体の認定資格所持者(登録造園基幹技能者等)は、所属団体を通して入会申請後、WEB上にて所定の方法で会員登録することで、会員(CPD会員−2)となることができます。


〔CPD会員―3〕 (会費:4,000円/年)  24年度年会費改定
■ 上記のいずれにも該当しない造園および関連分野の技術者等は、造園CPD事務局へ入会申請後、WEB上にて所定の方法で会員登録することで、会員(CPD会員−3)となることができます。


*いずれの会員も、造園CPD制度のホームページからの登録が必要となります。


登録手続き(造園連を通して申請する場合)


申込書提出・会費の納入
  登録申込書に必要事項を記入し、申込書を造園連本部事務局まで電子メール、FAX等でお送りください。同時に登録一人につき年会費2,500円を所定の造園連郵便振替口座にお振込みください。以上の手続きを6月9日(金)までにお願いいたします。

29年度(前期)会員申込締切・・6月9日(金)
年会費振替口座…郵便振替 00130−5−30761 
口座名義…(一社)日本造園組合連合会
通信欄に「造園CPD会費」と記入してください


 入金確認後、造園連事務局より造園CPD事務局へ登録申請の手続きを行います。登録申し込みは、登録申込書を造園連ホームページからダウンロード、または造園連本部まで連絡してください。入力した申込書を電子メールで送信歓迎です。



造園連本部 e-mail/jflc@sepia.ocn.ne.jp  FAX/03−3293−7579


造園CPD会員証 (磁気カード) と仮パスワードの引渡し、登録 
 各事業所あてに、加入申請者の造園CPD会員証、ID番号と仮ログインパスワード、カード使用説明書等を送付します(8月下旬予定)。
 記載されたID番号と仮ログインパスワードを使い、必ず造園CPDのホームページ上から会員本登録を行ってください。この作業をもって登録が完了し、造園CPDの会員サービスシステムが使用可能となります。
 
造園CPD会員証(sample)

■会員証がお手元に届くまでは、各自で実施状況を記録しておいてください。造園CPDホームページより、記録簿がダウンロードできますので必要に応じて活用してください。登録後は、造園CPDホームページから個人記録の登録や確認などを行うことができるようになります。
■造園CPDホームページ上の登録作業は個人情報保護の観点からも可能な限りご本人でお願いいたします。
■お問合せは造園連本部事務局まで



ホーム » 造園CPD制度 » 会員登録申し込みについて
一般社団法人
日本造園組合連合会
(略称:造園連)

〒101-0052 
東京都千代田区神田小川町3-3-2
マツシタビル7階
地図情報
TEL:03-3293-7577
FAX:03-3293-7579
e-mail:jflc@sepia.ocn.ne.jp
にわ丸