このページのトップへ
ホーム » 庭を楽しもう » 組合員の施工例
新しい順 | 古い順
«前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || 次のページ»

バリアフリー・日本庭園

popup_620_465_ON
popup_620_465_ON
popup_620_465_ON

 園路は透水性砂利舗装で歩きやすく、除草や清掃の手間が大幅に軽減されます。
 雰囲気は日本庭園ですが随所に今風をさりげなく配植(置)しています。
 苔の替わりにセダムを使いました。

 「全国都市緑化ふくおかフェア」出展作品 デザイン部門「銀賞」(市民投票「第1位」)

 設計施工:蠖 園芸場(福岡県)


古の風景

タイ料理レストランのエントランスです。
あどけない人形や、ブランコなど遊び心を持たせながら、モミジの品種物や景石、砂岩で作ったウォールなどが重量感と高級感を醸しだし、印象的な庭に仕上がっています。

設計施工:螢─・エス・エー(広島県)


popup_620_465_ON
popup_620_465_ON

『 東京枯山水 』

popup_800_423_ON
popup_613_510_ON

 ハーイ・チーズ、なぜだかみんなカメラの方を見るんです。
 なぜだかみんな、日本庭園を見に京都に行くんです。
 でも、私は東京に住んでいる。
 だから私はこれからも新しい日本庭園を模索したいと思います。

 第1回造園連東京都支部 造園コンクール 敢闘賞
                                 設計施工:觚凝朕¬


『 仲秋 』



第1回造園連東京都支部
  造園コンクール 敢闘賞

設計施工:GREEN ART
コンセプトは「日比谷の十三夜」

ここは都会のまん中、日比谷。
六法石をビル街に見立て、その砂利(砂漠)の中のオアシス日比谷公園をモミジと野草などで、青竹を雲と、表現してみました。
月はシャレです。
popup_612_519_ON
popup_800_532_ON

『 OLD&NEW 』

popup_620_465_ON
新しい素材を伝統的な技法で表現し、古くからの素材を新しい使い方で今の庭に取り込む、という技術思考のテーマのもと、
都会の省スペースの中で生き物とふれ合い、世代を超えて楽しめる庭を造ろうという想いで仕上げた作品です。


第1回造園連東京都支部 造園コンクール
        第一位(東京都支部長賞)

設計施工:大田緑地組合 青年部
popup_800_557_ON

2世帯の庭

施主の希望で、日本庭園,洋風庭園に分けました。
日本庭園は、旧宅の石・樹木で、施工ポイントは『蹲い』。
洋風庭園は新化粧ブロックとガーデン材料を多く取り入れました。
両庭園の境に、憩いの場・四阿(あずまや)を設置、歩車道までを広くし、出入りの安全に努めました。

設計施工:蟷嵬鄲け狹斂據箆族了蓋)


popup_800_417_ON
popup_732_524_ON
新しい順 | 古い順
«前のページ || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || 次のページ»

ホーム » 庭を楽しもう » 組合員の施工例
一般社団法人
日本造園組合連合会
(略称:造園連)

〒101-0052 
東京都千代田区神田小川町3-3-2
マツシタビル7階
地図情報
TEL:03-3293-7577
FAX:03-3293-7579
e-mail:jflc@sepia.ocn.ne.jp
にわ丸