このページのトップへ
ホーム » 庭を楽しもう » 組合員の施工例
新しい順 | 古い順
«前のページ || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 8 | 9 | 10 || 次のページ»

自然素材を活かした −風合い−

コレまで長い間 竹穂垣には、ズーっと憧れを抱いていました。

今回ついに、母屋と境内庭園の境界と遮蔽機能を果たす目的で、
オリジナルな穂垣を提案する事ができました。


コマセランドスケーププランニング


従来ある竹垣の様式を組み合わせる、
突飛なデザインではありませんが、
どのお寺にもない
オンリーワンとなる様式美を考えました。



全長は5間です。
庭園に違和感なく溶け込み、
品格ある風合いを目指し創作しました。
コマセランドスケーププランニング

設計施工:コマセランドスケーププランニング(栃木県)

東京都支部『第4回造園コンクール』 作品<1>

 2011年10月22日(土)〜30日(日)にかけて東京都・日比谷公園内で開催されている東京都支部『第4回造園コンクール』の作品を掲載します。どれもアイデアと技の光る作品です。


大田緑地組合青年部


東京都支部長賞
作品タイトル『お月見〜夢の中で〜』

設計・施工:大田緑地組合 青年部
 日々、忙しく過ごしている私達は、季節を楽しむ余裕を忘れているのかもしれません。ちょっと覗いてみて下さい。変わったお客さんがお月見をしていますね。
 皆さんも様々な角度から「お月見」を楽しんで頂けると幸いです。







敢闘賞
作品タイトル『東京の庭 冬景色』

設計・施工:
協同組合東京造園倶楽部 青年部 

協同組合東京造園倶楽部青年部
 冬の庭を楽しむ手法として、松の雪吊りや藁ボッチ、松葉敷と代表的な技術を取り入れました。先に起きた大震災など自然災害や家の建替えで必要としなくなった瓦や石灯籠の一部を再利用して、蹲踞の材料としました。また竹細工は裏山の竹を用いて、身近にある材料を使った、昔の植木屋の遊び心を感じて頂ければと思います。





八王子造園業組合 青年部 / / / / / /


敢闘賞
作品タイトル
『秋深き・・・』

設計・施工:八王子造園業組合 青年部
 秋になると日暮も早くなり、段々寒くなって来て、何故か人恋しくて、さみしさを感じてしまいます。草木は紅葉し、枯れはじめ、冬へと向かいます。秋のはかなさ、さみしさを感じていただけたら。。。と思います。
 「となりはとなり、僕は朴」







作品タイトル『秋、染み染み』

設計・施工:玉川造園組合青年部

玉川造園組合青年部
 秋雨がやみ、朝露が輝く中、木々の間で小鳥たちが囁きあう。澄みきった空の下、黄金色に身を染めた木の葉は悠然と舞い踊り、魅了する。
 夕闇が差し迫る頃、どこからともなく虫たちの歌声が聞こえてくる。月明かりの中、都会の喧噪を忘れ、心地よいひとときを過ごす夜長。





東京庭職組合


作品タイトル『癒し』

設計・施工:東京庭職組合


我々がどんな癒しを人々に提供できるか?
その可能性を求めて…
例えば小鳥の囀りで目が覚める庭

東京都支部『第4回造園コンクール』 作品<2>

世田谷植木職組合 青年部 / / / /


作品タイトル『螺旋川床』

設計・施工:
 世田谷植木職組合 青年部
全て視界に入ってしまうような狭い空間に、「見せない」をどう表現するか?
「向こう側・床下」 普段、意識しない空間を効果的に見せられないか?
京都の風物詩でもある川床と螺旋階段を組み合わせることで、版画家マウリッツ・エッシャーの「滝」のような異空間を表現できないか?
日本の坪庭の落ち着きと欧州の幾何学模様の要素をとりいれた、2次元の絵画のような異空間を感じていただければと思います。







作品タイトル『蓮山』

設計・施工:東京緑化倶楽部
東京緑化倶楽部
 日本は国土のおよそ7割が山地、丘陵で占められている山国です。山は未知と危険とに満ちています。山は日本人の生活に深く関わってきています。山岳信仰が多く生まれてきました。蓮には仏教思想を象徴する特徴があるとされています。蓮の花を眺めていると花の一つ一つがゆるやかな山並みに感じられるのです。
 山脈 連山を蓮の花から想い描き、あえて“蓮 山”としました。





調布市植木組合 青年部 / / /


作品タイトル『東京』

設計・施工:調布市植木組合 青年部
 大都市東京は様々なビルが立ち並び、様々な情報を生み出し発信しています。
今回、この庭は東京湾からみた都心「東京」を表現しました。
関東平野に針の山のように乱立するビル群、「東京」から発信する様々な情報をこの庭の中に表現しています。この小さなスペースに詰め込まれた「東京」を感じてください。







作品タイトル『YO・A・KE』

設計・施工:秋山造園有限会社

秋山造園有限会社
 コンクール目的に従い、支部講習会で学んだ物(光悦寺垣)を軸に作庭をしたいと考えた。そして、作品はパワーを感じられるものにしたいと思い、一日の始まりである夜明けを題材にした。
 タイトルYO・A・KE(夜明け)なので、瓦を重ねて雲に見たて、その雲から出ようとする太陽を光悦寺垣、そして日の出の瞬間の朝焼けを紅葉するヤマモミジで表現した。講習を受けるまで光悦寺垣と言えば自分で作るものではなく既製品を置くと思っていましたが、講習で学んだ技術で作庭の幅が広がり、作庭を通して仲間と技術を共有することができました。
 また、仕入れ物は抑え手元の材料を活用しました。タイトルをアルファベットにしたのは、世界中の人に興味を持ってもらえればと思ったからです。





目黒造園組合


作品タイトル『水と生活・遊ぶ』

設計・施工:目黒造園組合


 私たち人間が生活して生きて行く上で水が必要です。知恵により水路を引き野菜を食器を洗い自然との関わり、こども達が中水に潜む何かを捜しまわり歓声を上げる事を想像しますと大変楽しく私達大人に取って喜びなのではないかと思います。そんな事をイメージしてテーマにしました。

大阪府支部 『第3回庭園コンテスト』 入賞作品

 平成23年4月29日(金・祝)〜30日(土)の期間、大阪府営花の文化園(大阪府河内長野市高向)で開催された大阪府支部「第3回庭園コンテスト」の入賞作品を掲載。
 15区画の出展作品のうち、企画力・表現力・デザイン・施工力・環境への配慮等について厳正かつ公正な審査のもと、選ばれた作品です。





金賞
造園連理事長賞
花の文化園園長賞
 
 作品タイトル
『〜Irodori』
 設計施工:蟾盒饗け狹斂
クリックで拡大



クリックで拡大
銀賞
造園連大阪府支部長賞

 作品タイトル
『縁側のくつろぎ』
 
設計施工:蟾盒粁于重斂



銅賞
(財)大阪府みどり公社理事長賞

 作品タイトル
『花の小路』
 
設計施工:蟯ヂけ
クリックで拡大



クリックで拡大
クリックで拡大
敢闘賞
作品タイトル
『息吹』
設計施工:造園連青年部-2
殊勲賞
作品タイトル
『陽だまり』
設計施工:蠶躰園
螢哀蝓璽鵐廛薀

玄関前のリトルガーデン

四季の感じられる庭にするため…
福本造園
福本造園
福本造園
作業は着々と進み…
 
完成です
福本造園
福本造園
 自宅でいつも四季を感じてもらえるように、
宿根草・花木・ハーブ類・落葉樹を主に植えました。

 玄関正面には、不揃いのアンティークレンガ,コンテナを置き、
アクセントをつけてみました。
 
設計施工:福本造園(東京都)

マンション室内に枯山水

福本造園001.jpg

がらんとしたマンションの中庭が
生まれ変わりました


<施工前> 約7坪のライトコート

yashita.jpg

・・・・・・ 施工後 ・・・・・・
福本造園002.jpg
福本造園003.jpg
隕石を中心に
宇宙をイメージした枯山水を
玄関の扉を開けた瞬間に
目の前に額縁に入ったような
中庭がお出迎え

設計施工:福本造園(東京都)
新しい順 | 古い順
«前のページ || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 8 | 9 | 10 || 次のページ»

ホーム » 庭を楽しもう » 組合員の施工例
一般社団法人
日本造園組合連合会
(略称:造園連)

〒101-0052 
東京都千代田区神田小川町3-3-2
マツシタビル7階
地図情報
TEL:03-3293-7577
FAX:03-3293-7579
e-mail:jflc@sepia.ocn.ne.jp
にわ丸